寒い時期の赤ら顔ケアで必要なこと

冷え込む季節になると肌の薄い人は顔が赤くなってしまうことも多いですが、その原因は毛細血管の拡張にあります。人の体は温度が低いところでは皮膚温度の低下を防ぐために血管を収縮させますが、暖かいところに場所を変えると血管も元に戻ります。

冬はどのお家でも室温はかなり高く設定されています。そのような場所から、極寒の外気に触れると毛細血管の拡張と縮小が繰り返されることになります。そうこうしているうちに拡張された血管が元の状態に戻らなくなることも・・。この状態が「毛細血管拡張症」です。皮膚の薄い人はこの血管の赤味が透けてしまうので顔が赤く見えてしまうんです。

この赤ら顔のケアですが、外に出るときはマスクをするなどまずは顔を冷やさないようにすることが大切です。そのうえでいつも以上に保湿ケアをするようにしましょう。
スキンケアのときもできるだけコットンは使わず素手で化粧水など温めてからお顔に馴染ませるのが理想的です。

このとき、優れた保湿成分を配合している化粧水シロメルなどを併用することでお肌の状態をより良くできると思います。
・気温や摩擦など、できるだけお肌を刺激しない
・乾燥を避けて十分保湿してあげる
このようなことに気を付けて寒い季節を乗り切っていきましょう。