肝斑は焦って治療する必要なし??

お顔に広がるシミって、鏡を見ているだけでも憂鬱になりませんか? お出かけ前、うきうきワクワクといつもよりちょっぴりお洒落をしてもシミを見たら一気に気分が落ち込んでしまったり・・・

とくに肝斑は、頬骨や目じりの両側に広がるのでぽつん、ぽつんとあるシミよりも目立ってしまいます。

肝斑でやっかいなのは、レーザーで治療しようとすると余計に目立ってしまう場合もあるということ。
ある種の刺激が肝斑を悪化させてしまうんです。

では、どうしようもないのかというと、そんなことはありません。
肝斑は女性ホルモンのバランスが崩れる30代~40代に多く発症しますが、高齢にはほとんど見られません。
ある程度の年齢になるとその多くは目立たなくなったり、消えてしまうこともあるほどです。

でも、だからといって10年も20年もそのままではおしゃれが楽しめませんよね。
そんなときはトラネキサム酸やハイドロキノン誘導体などが配合されたビハキュアのような美白クリームでケアすることをおすすめします。

朝晩のお手入れだけの手軽さなので毎日の日課に組み込んでしまえばOKです。